X線源 ― 1248 パッケージ

X線源 1248 パッケージ

X線源 PHI 1248

PHI1248は、X線光電子分光法に用いられる軟X線MgKαおよびAlKαの発生器であり、最大の特徴は 400Wという大電力で安定してX線を発生させることができることにあります。フィラメント切替えによる発生X線の切り替え、ポートアライナ-付きリニアモーションによるX線照射領域の調節も行えます。またX線源の絶縁性も考慮して設計されており、コンパクト化も実現しております。
同時に、PCによるリモート制御、真空値や冷却循環水の流量に関するインターロック機能など、使いやすさや安全性にも考慮されています。

製品特長

X線光電子分光分析法に用いられる軟X線MgKαおよび AlKαを発生させることが可能です。
400 Wという大電力で安定してX線を発生させることができます。
フィラメント切替えによる発生X線の切り替え、ポートアライナー付きリニアモーションによるX線照射領域の調節が行えます。
X線源の絶縁性も考慮してコンパクトに設計されています。
PCによるリモート制御、真空値や冷却循環水の流量に関するインターロック機能など、使いやすさや安全性を考慮しています。

クラブ・ファイ会員向けコンテンツ

クラブ・ファイに会員登録された方は、各種資料をダウンロードいただけます。
(但し、会員種別により閲覧できる内容に制限がございます)